忍者ブログ
とりあえずVOCALOID関連のことを書いていこうかなと思ってる。 コメント来てたらうれしい。
Home > ブログ > Nein考察 > Nein考察 -愛という名の咎 -->

Nein考察 -愛という名の咎

お久しぶりです?姉音です。
引き続きましてNein考察いきまーす( ˘ω˘)

前回はこちら→涙焔
今回は愛咎でございます。双子。゚(゚ノД`゚)゚。
※Moira勢なので荒ぶると予想されます

恒例のオルゴール部分。星女神の巫女の「私は抗えない~星は瞬く」のところ。
ということは今回否定したのは「ミーシャの信仰」もしくは「運命を受け入れる性質」ですかねー?

で、改竄前。
便宜上くんによると、
「【彼女】は《運命》と呼ばれるモノを受け入れる性質であった。
《自然》とも《因果律》とも《女神》とも訳され得る存在。
流転の人生の果て、女は生き別れた兄との再会を胸の裡では望みながら、
或る妊雄の野心が故に犠牲と成り、蒼月を掴むかのように水辺に死す・・・・・・。」と。

まとめるとえらいことになりそうですね。ヤバい。
簡単にまとめてみますよっと。

双子生まれる→神託で破滅をもたらすとか言われる→ポリュさんのとこに養子に→
うふふあはは→スコピが連れ去ろうとする→母ちゃんと逃げる→離れ離れに→
奴隷にさせられる→オリオンと仲良く→再会→逃げる→嵐で離れ離れに→
それぞれソフィアさんとお師匠に会う→ミーシャ巫女に→スコピ再び→
ミーシャ亡くなる→剣もらう→奴隷解放しまくる→復讐→冥王さんの器になる→死人戦争へ

超要約ですすみません...ッ。

はい、続いて改竄後。

「星女神の巫女」からが分岐っぽいので、スコルピオス殿下がレスボス島のパルテノン神殿に押し掛けてくる→選択を...というところあたりからはじまります。
この曲でのミーシャは「信仰」を否定されているので、運命を受け入れず神殿から逃げ出します。
「ミーシャ?」は恐らく狼藉に激怒していたフィリスでしょう。直後にうめき声が聞こえるので「ミーシャを差し出すか、死か」という選択の通りに...。

一方逃げるミーシャですが、相当足が速かったみたいです。風の都でも男子2人と一緒に走ってたみたいですねー。あと、「女神アルテミスの聖獣でもある、ケリュネイアの鹿はギリシア神話に登場する巨大な雌鹿」だったみたいですね(wiki先生)。
逃げる途中に長い髪を切られてます。通常ジャケの短髪ミーシャですねー。
結局は追いつかれてしまう・・・のですが・・・ここで英雄が登場します。
そうですエレフセウス君です。あのシスコンの兄です。
Moiraではかっこいいお兄ちゃんだったエレフセウス君ですがNeinでは何があったのかシスコン認定されてしまいました。
颯爽と助けに入るエレフ。それに対してミーシャは「本当にエレフなの!?」とびっくりのご様子。返事をしていた...気がする...。

続いて黒猫四姉妹ですね。ハルモニアの真似してます。はーれるーにゃー。
「「騙り手は誰ぞ?」」「「騙り手は我等!」」のところ、こわいですね。

で、ミーシャが逃げた理由を明らかにします。
曰く、運命を受け入れるしか出来ないと思っていたけど、突然の衝動に従って駆け出していた...とのことで。

次は感動の再会シーン。
「あの頃よりも背が伸びたね」。
ここでミーシャの視力についてですが、一時的なものだったのではないかなーと思います。
盲目だとしても、周りが見えないという意味でエレフに移りましたし。
「君の方こそ大人の女性になった」。
くどいているんですね、はい。そういえば詩人の弟子だったんですっけなるほど。
「やっと逢えたね探したんだよ」⇔「やっと逢えたねこれから二人~」の対比が...ウッ...

「誰かを不幸にするとしても 叶えたい願いがあった」とのこと。再会ですかね。
あと「たったヒトり 君だけを愛そう!」と「畏れず揺るがず全てを愛す花になれたかな…」の対比。変わったね...。

未だに逃亡中のお二人。スコルピオス殿下はミーシャに固執しておられるようで。
多分神託が云々なのでは。
フラグを立てまくる追っ手の二人。すごい。エレフの投石でやられるテウクロスさん。すごい。
アキレウスさんに後を任せる...というところで新しい神託が下されたとの知らせが。
新しい神託ってなんでしょう?内乱に関係するのかなーとか。
「「な、なんだってー!?」」「じゃ、帰るかー」「「って元気なんかーい!」」とプチコントを繰り広げる追っ手二人+一人。ネタがいちいち古いのはなんなんだ...

無事追っ手を振り切った二人。行き先はどうする?と。
エレフは「オリオンがいる聖都の方角」の北推しのようで。
ミーシャは星の廻りが悪い!という理由で南を推します。サウスなだけにry
しりにしかれる兄...( ˘ω˘)

場面変わりまして夜の泉に来たようです。水面に揺れる淡い月に手を伸ばさずに、ミーシャはエレフの手を取ります。よかったねお兄ちゃん!

次は港...らしきところ。もしかしなくても死せる者達の物語で旅人がくちゃべってたところですか。inアナトリア。
何やらアルカディアで大きな内乱があったみたいです。物騒ですね。恐らくレオン殿下はそこで...

ミーシャは「何処か遠くの小さな島で 二人暮らせたら素敵ね♪」なんてことを考えたりして小石に躓きました。
エレフの知り合いらしき人に出会います。口悪いエレフセウス君( ˘ω˘)
いいともー!これも若干古ry

で、奴隷市場。
「哀しいけれどいちいち助けていたのではキリがない」とのことで見なかったふり...
オルフに「お待ちください」と言われても見なかったふり...みらよ...

そうして時は流れ流れ...。
争いは続くけれど自分だけ幸せを抱きしめてはいけませんか?と言うミーシャに黒猫四姉妹が同意。別にいーんじゃなーいー。

そしてミーシャはエレフを死から遠ざけてたみたいですね。「為すべきこと」。
悪い女ね...けれど...からの( ˘ω˘)
名前連呼( ˘ω˘)
楽しそうでよろしい( ˘ω˘)

例のやつ。儘問いに惑い~。
奔らざる英雄、馳せし奸雄、変わり征く運命...のとこだけ違いますね~。

裏ではスコルピウス殿下vsオリオンの戦いが。お前の進撃もここまでだー!
アストラの弓矢で駆逐しようとしますが...
ヒュドラの盾で防がれてしまいます...。ブロンディスの槍でとどめを刺される...。
殿下も加護受けたんですね。

再び双子のターン。
なによりも君だけが尊いんだ!と。
それでも戦えと創造主は、昏い瞳の主は言います。陛下とも冥王とも運命とも取れますが...?
ならば本当の敵は何処だ?と。難しいですね。
例え神を否定して殺めても君が傍にいるなら何も怖くはない、と。

最後にスコルピウス殿下が世界の王になるみたいで。
「神の眷属や奴隷も、ヘレーネスもバルバロイも全て等しく冥府へ送った。」のとことです。つよい。

いつしかの約束をして終わり...。
「ずっと一緒にいようね、エレフ」
「ああ、勿論さ」



誰かを犠牲にして手に入れた幸せ...ってどうなんですかね?と考えさせられます。

で、細かいところの考察いきまーす。

まずオルフについて。
改竄前の記憶持ちなのではないか?
という仮説があります。
「お待ち下さい」はMoiraでも言ってました。それに敬語という点も同じです。
そうなると屋根裏堂に話が戻るんですが、
「記憶持ってるのは地平線orCD越えてる人なんじゃないか」ということについて。
オルフ=オルフェウス前提として、6と4をまたいでいます。

となると、
屋根裏堂にあるものも地平線orCD越えてる人の持ち物
→つまり記憶持ちの人を屋根裏堂に閉じ込めて、手出せないようにしてる?
檻の外へは逃がさない...ってことですねこわい。

次に、
ミーシャは未来を読めるのではないか?と。
・オリオンがいる聖都の方角に行くことを却下したこと。
・《運命》(ミラ)に背く赦されぬ咎を 夫々に犯したの部分。
このままだとエレフが運命に抗っちゃうことをわかっていたのではないでしょうか。

最後に。
Moiraと同じことをしている、ということ。
この曲を振り返ると、
・妹を助ける、一緒に逃げる、名前を呼び合う、ずっと一緒にいようね
・待てよぉ~のところ(運命の双子)
という具合に、Moiraと同じことをしてます。これの意味はよくわかりませんが。
ただ、一点だけ違うところがあります。
Moiraでは「ずっと一緒にいようね」「うん」「エレフ」「ミーシャ」だったんですが、
「ずっと一緒にいようね、エレフ」「ああ、勿論さ」とエレフだけ名前を呼んでいません。
彼は本当にエレフセウスだったのでしょうか?



仕事道具を売り物に出されたり息仔に存在否定されたりで冥王様がかわいそうになってくる...
次は忘れな月夜です。

このページの先頭へ

拍手

PR